無料メール相談はこちら

バーンアウトした脳を催眠で休める

私のカウンセリングルームに通って頂いているクライアントさんで、最近上手くいっているケースをご紹介します。

同じ「うつ」でも、特に過労から来た「うつ」のクライアントさんに対して、深い催眠でリラクゼーションだけをしてもらうのです。

特に、前向きな暗示を埋め込んだりするわけではなく、最初はただ、催眠で骨の随まで力が抜けて、間接の1つ1つまでほぐれて、地面に吸い込まれるくら脱力できるように導くのです。

そうすると、普段クライアントさんご本人さんの意志では到達できないほどの、深いリラックス状態を経験することができます。

毎回それをやっていると、身体がその状態を学習し、日々の休息や睡眠が深く上手になっていきます。

過労でうつになっている方というのは、就労中は常に仕事に追い立てられていた人達です。

その結果、頭の中に

「もっとやらなければ・・・」
「もっとやらなければ・・・」
「もっとやらなければ・・・」
「もっとやらなければ・・・」
「気を抜いちゃだめだ・・・」
「気を抜いちゃだめだ・・・」
「気を抜いちゃだめだ・・・」
「気を抜いちゃだめだ・・・」

という声が延々とリフレインしていたりします。

そのため、御自身の意志で休息を取ろう思っても、潜在意識の一部は頑張ろうとしている状態のままですので、リラックスすることができないのです。

病院で、休養してくださいと言われても、じっとしていても潜在意識が頑張ってしまうので、身体も心も力が抜けない。

あなたはいかがですか?

リラックスしようと思っても、肩の力が抜けなかったり、寝ても身体のダルさが抜けなかったりしませんか?

もしくは、何もしないで休息していると罪悪感を持ってしまったり、焦りが出てきたり。

もっと酷いと上手く眠ることができなくなります。

そんな時は、催眠によってカウンセラーが直接、本人の潜在意識を誘導して、完全な脱力状態に導いたり、追い立てる声を消したりすることで、まずは休息するということを習得してもらいます。

これがかなり上手くいき、「今までに無いくらい肩が軽い」とか、「久しぶりにぐっすり眠れた」とおっしゃる肩が多いです。

過労からくる「うつ」というのは、職場での緊張に身体が固まって無意識が上手な休息の方法を忘れてしまった状態なのだと言えるかもしれませんね。

催眠でのリラクゼーションをお勧めします。

※2018年現在は対面セッションでのこういった催眠の使い方はほとんど行っていません。代わりにもっと根源的な変化を起こす療法を採用しています。

この記事のような催眠でのリラクセーションはCDプログラムとして提供しておりますので、自宅で取り組んで頂けるようになりました。